Event is FINISHED

SPACETIDE 2020 YEAR-END

Description

※COUNTDOWNの動画は12月11日(金)23:59まで視聴可能です。
※COUNTDOWN視聴ページは、Peatixメッセージにて順次ご案内いたします。


・Special Contents(Automotive Industry Targets the Moon)の概要を公開しました。
・COUNTDOWNのダイジェストムービーを公開しました。
 https://youtu.be/qSTdaBiTD4g
・Day2のギフト付きチケットの販売期限を11月28日(土)まで延長しました。
・Day2のオンラインネットワーキング「Space NIGHT - IGNITION」の詳細およびゲストを公開しました。

 https://spacetide2020ye.webflow.io/

・SPACETIDE 代表理事 石田からのメッセージを公開しました。

 https://youtu.be/ia-Vpd7Sb7A


業界のプロフェッショナルやリーディングカンパニー、ニュープレイヤーを招いて宇宙ビジネスの1年を振り返る大忘年会「SPACETIDE YEAR-END」。今年はオフラインとオンラインを組み合わせ、12/4~12/9にわたって開催いたします。

COVID-19が世界の社会経済に多大な影響を与える中でも、宇宙ビジネスは着実に前進しています。このような状況だからこそ、宇宙ビジネスにかける想いを同じくする人々で集い、進捗を共有し、来る2021年に向けて宇宙ビジネスを力強く推進していきましょう!

「SPACETIDE 2020 YEAR-END」WEBサイト
https://spacetide2020ye.webflow.io/


**** 開催概要 ****

■日時・場所

 COUNTDOWN ~PROSPECT~
 日時: 12/4(金) 、5(土) 、7(月) 
 場所: オンライン(YouTube)
 ※動画配信


 Day1 ~RESOLUTION~
 日時: 12/8(火) 16:00~19:45 (15:40 開場)
 場所: 室町三井ホール&カンファレンス
     東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号 COREDO室町テラス3階
 ※オフラインイベント&ネットワーキング

 Day2 ~IGNITION~
 日時: 12/9(水) 20:00~22:00
 場所: オンライン(Zoom)
 ※オンラインピッチ&ネットワーキング

■参加方法
COUNTDOWN ~PROSPECT~ : 事前にご案内するURLからご視聴ください。
Day1 ~RESOLUTION~    : 当日会場までお越しください。
Day2 ~IGNITION~      : 事前にご案内するURLからご参加ください。
※Day1に参加される方は、本ページ末尾の注意事項を必ずご確認ください。
※COUNTDOWNの動画は12月11日(金) 23:59まで視聴可能です。

■参加料金
COUNTDOWNのみ         : 1,000円
Day1 + COUNTDOWN ※40枚限定 : 10,000円
Day2 + COUNTDOWN ※60枚限定 : 4,000円
※Day1とDay2両方に参加希望の方は、それぞれのチケットをご購入ください。
※Day2に参加される方には、オンラインネットワーキング用のギフトをご指定の住所に事前にお届けします。配送準備の関係上、11月28日(土)までにお申し込みください。この日を過ぎてお申し込みいただいた場合、ギフトのお届けはできかねます。ギフト相当分の返金もいたしませんのでご了承ください。

■主催: 一般社団法人SPACETIDE

■協賛:(AtoZ順)

   GOLD SPONSORS
    京セラ株式会社
    スカパーJSAT株式会社
    さくらインターネット株式会社(協賛ではなく出展となります)

   SILVER SPONSORS
    三菱電機株式会社
    清水建設株式会社
    SMBC日興証券株式会社
    大正製薬株式会社
    東海東京証券株式会社



■会場協力
:三井不動産株式会社

     


**** プログラム ****

COUNTDOWN ~PROSPECT~
12/4(金) 19:00 SPACETIDE Progress 2020
12/5(土) 19:00 Industry Landscape 2020/21
12/7(月) 19:00 Accelarating Space Business - S-Booster 2021
         Automotive Industry Targets the Moon
         Closing - Bridging to Day 1

Day 1 ~RESOLUTION~
12/8(火)
16:00 Opening - Reflection
16:05 Fireside Chat with Future Leaders
17:20 Space Business Summit for 2030
19:05 Closing - Resolution
19:20 Casual Networking

Day 2 ~IGNITION~
12/9(水)
20:00 Opening - Reflection
20:05 SPACETIDE Sponsor Progress
20:20 Closing - Message from SPACETIDE
20:30 Space NIGHT - IGNITION
22:00 Close


**** スピーカ―・モデレーター(予定) ****

COUNTDOWN ~PROSPECT~


12/4(金)
--- SPACETIDE Progress 2020 --- 

石田 真康
一般社団法人SPACETIDE 代表理事 兼 CEO
東京大学工学部卒。一般社団法人SPACETIDEの共同創業者 兼 代表理事 兼 CEOとして、新たな民間宇宙ビジネス振興を目的に年次カンファレンス「SPACETIDE」を主催。グローバルコンサルティングファームA.T. Kearneyにて宇宙業界、ハイテク業界、自動車業界を中心に15年超の経営コンサルティング経験。内閣府 宇宙政策委員会 基本政策部会委員として宇宙産業振興を政策面から支援。日経産業新聞および日経デジタルにて「WAVE」を2018年より連載中。また著書に「宇宙ビジネス入門 Newspace革命の全貌」(日経BP社)


12/5(土)
--- Industry Landscape 2020/21 --- 


岡田 光信
株式会社アストロスケールホールディングス 創業者兼CEO
東京大学農学部卒業。米国パデュー大学クラナートMBA修了。大蔵省(現財務省)主計局勤務後、マッキンゼー・アンド・カンパニーにてコンサルティングに従事。金融、ITグローバル企業の経営者に従事、その後、アストロスケールを2013年創業。日本、シンガポール、英国、米国、イスラエルで事業展開し、資金調達額は約210億円に上る。 2020年10月国際宇宙航行連盟(I A F)総会にて同会副会長に選出(日本人民間企業初)、英国王立航空協会フェロー、世界経済フォーラム宇宙評議会委員、Space Generation Advisory Council (SGAC)諮問委員、防衛省オピニオンリーダー。


見學 信一郎
スパークス・グループ株式会社 執行役員
スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー株式会社 代表取締役社長
2019年3月まで東京電力ホールディングス在籍。米国ベンチャー投資、インフラ輸出の国家プロジェクト等を主導後、2016年より同社常務執行役、CVC組織トップ(新成長タスクフォース長)として内外ベンチャー投資、新規事業、海外JVベンチャー設立等を牽引。同社広報担当役員、国際業務担当役員を兼務。東京電力ベンチャーズ取締役、国内風力発電最大手ユーラスエナジーホールディングス取締役等を歴任。世界経済フォーラム Global Future Council on Japan委員(2019-20)、経済同友会 環境・資源エネルギー委員会副委員長(2020-)。2019年4月よりスパークス・グループ株式会社入社。2020年4月より『宇宙フロンティアファンド』代表。




山崎 直子
宇宙飛行士
Space Port Japan代表理事
千葉県出身。2010年スペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)組立補給ミッションSTS-131に従事。2011年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)退職後、内閣府宇宙政策委員会委員、一般社団法人スペースポートジャパン代表理事、日本ロケット協会理事・「宙女」委員長、日本宇宙少年団(YAC)アドバイザー、宙ツーリズム推進協議会理事、アースショット賞評議員などを務める。著書に「宇宙飛行士になる勉強法」(中央公論新社)など。


12/7(月)
--- Accelarating Space Business - S-Booster 2021 --- 
内閣府宇宙開発戦略推進事務局

--- Automotive Industry Targets the Moon ---


佐藤 孝夫
トヨタ自動車株式会社 
プロジェクト領域 月面探査車開発 室長
東北大学資源工学部卒業。1990年4月にトヨタ自動車入社しMR2、プリウスの空調システム、計器盤の開発設計に従事。 2001年よりトヨタテクニカルセンターUSAで開発機能を北米に現地化。ソラーラ、タンドラなどの北米専用車のデザインから生産まで一貫開発(内装担当)。2004年より先行技術開発・原価・現調化を担当。安全・環境・快適の新技術の導入と競争力向上を担当。2014年、トヨタニューグローバルアーキテクチャ企画(TNGA)でNVアーキテクチャを構築。2017年よりEVアーキテクチャ、小型モビリティ責任者。2019年東京モーターショーではMicro Paletteをプロデュース。月面探査車開発プロジェクト責任者。



津山 晃平
スズキ株式会社 
経営戦略部 マネージャー
自動車やバイクの操る楽しさに取りつかれ1996年にスズキへ入社。入社後20年以上を、日本の軽自動車から日印欧の直噴ターボ車まで多くのエンジン開発に技術者として携わる。2018年からは経営戦略部に所属し、自動車の技術、スズキの主力市場であるインド、CASEに関する領域を中心とした経営戦略検討を現職とする。その他、異業種との企業交流や地域貢献に関する業務にも携わっている。また、ispace社の月面探査ミッションHAKUTO-Rとその技術協業も担当し、スズキの技術を使ってHAKUTO-Rを支援していくことにも努める。


袴田 武史
株式会社ispace ファウンダー&代表取締役
子供の頃に観たスターウォーズに魅了され、宇宙開発を志す。ジョージア工科大学で修士号(航空宇宙工学)を取得。大学院時代は次世代航空宇宙システムの概念設計に携わる。外資系経営コンサルティングファーム勤務を経て2010年より史上初の民間月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に参加する日本チーム「HAKUTO」を率いた。同時に、運営母体の組織を株式会社ispaceに変更する。現在は史上初の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」を主導しながら月面輸送を主とした民間宇宙ビジネスを推進中。宇宙資源を利用可能にすることで、人類が宇宙に生活圏を築き、地球と月の間に持続可能なエコシステムの構築を目指し挑戦を続けている。



佐藤 将史

一般社団法人SPACETIDE 理事 兼 COO
一般社団法人SPACETIDE共同設立者・理事兼COOとして、日本初の民間発宇宙ビジネスカンファレンス"SPACETIDE"の企画・運営を行う。 野村総合研究所にて16年間、宇宙ビジネスやスタートアップ支援、オープン・イノベーション関連のコンサルティングに、政策立案から企業戦略まで幅広く従事。2019年6月、ispaceに参画。 東京大学理学部卒(地球惑星物理学・2001年)・同大学院理学系研究科修了(地球惑星科学・2003年)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)MPP(公共政策学修士・2013年)。総務省「宇宙利用の将来像に関する懇話会」構成員。気象庁「静止気象衛星に関する懇談会」委員。茨城県「いばらき宇宙ビジネス創造アドバイザー」


--- Closing - Bridging to Day 1 ---
石田 真康
一般社団法人SPACETIDE 代表理事 兼 CEO


Day1 ~RESOLUTION~

12/8(火)
--- <16:00~16:05> Opening - Reflection ---

石田 真康

一般社団法人SPACETIDE 代表理事 兼 CEO

--- <16:05~17:05> Fireside Chat with Future Leaders ---


稲川 貴大
インターステラテクノロジズ株式会社 代表取締役社長
1987年生まれ。東京工業大学大学院機械物理工学専攻修了。学生時代には人力飛行機やハイブリッドロケットの設計・製造を行なう。修士卒業後、インターステラテクノロジズへ入社、2014年より現職。経営と同時に技術者としてロケット開発のシステム設計、軌道計算、制御系設計なども行なう。 「誰もが宇宙に手が届く未来を」実現するために小型ロケットの開発を実行。 日本においては民間企業開発として初めての宇宙へ到達する観測ロケットMOMOの打上げを行った。 また、同時に超小型衛星用ロケットZEROの開発を行なっている。



岡島 礼奈

株式会社ALE 代表取締役社長/CEO
1979年生まれ。鳥取県鳥取市出身。東京大学大学院理学系研究科天文学専攻にて博士号(理学)を取得。在学中に、サイエンスとエンターテインメントの会社を代表取締役として設立。大学院卒業後、ゴールドマン・サックス証券へ入社。その後、2009年から人工流れ星の研究をスタートさせ、2011年9月に株式会社ALEを設立。現在、代表取締役社長/ CEOを務める。2019年1月にJAXAのイプシロンロケットに人工流れ星用の人工衛星初号機が搭載され、打ち上げ成功。同年12月、Rocket Lab社のエレクトロンロケットに人工衛星2号機が搭載され、打上げ成功。「科学を社会につなぎ 宇宙を文化圏にする」を会社のMissionに掲げる。人々の好奇心を育む宇宙エンターテインメントと、気候変動の解明に貢献する中層大気データの活用を通じ、科学と人類の持続的な発展への貢献を目指す。



中村 友哉
株式会社アクセルスペース 代表取締役CEO
1979年三重県生まれ。2007年東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。在学中、3機の超小型衛星の開発に携わる。卒業後、同専攻での特任研究員を経て2008年にアクセルスペースを設立、代表取締役に就任。創業以来、世界初の民間商用超小型衛星「WNISAT-1」等、5機の超小型衛星の開発・運用に成功。また、自社事業として多数の超小型衛星で全世界を毎日観測する地球観測網「AxelGlobe」の構築を推進中。2015年より内閣府宇宙政策委員会宇宙産業・科学技術基盤部会委員。


袴田 武史
株式会社ispace ファウンダー&代表取締役



深堀 昂
avatarin株式会社 代表取締役CEO
2008年に、ANAに入社し、パイロットの緊急時の操作手順などを設計する運航技術業務を担当するかたわら、新たなマーケティングモデル「BLUE WINGプログラム」を発案、Global Agenda Seminar 2010 Grand Prize受賞、南カルフォルニア大学MBAのケーススタディーに選定。2016年10月にXPRIZE財団主催の次期国際賞金レース設計コンテストに参加し、「ANA AVATAR XPRIZE」のコンセプトをデザインしグランプリ受賞。2020年4月にANA発スタートアップとしてavatarin株式会社を立ち上げる。

石田 真康
一般社団法人SPACETIDE 代表理事 兼 CEO

--- <17:05~17:20> Recess ---

--- <17:20~19:05> Space Business Summit for 2030 ---


粟津 昂規
スカイゲートテ
クノロジズ株式会社 代表取締役/CEO
慶應義塾大学在学中、インターネットでのライブ配信技術を研究し、映像配信会社を実験的に起業。2011 年、東日本大震災ボランティアで自衛隊に出会い、そのオペレーションに衝撃を受けて防衛省・自衛隊へ。通信・サイバー分野を担当し軍用通信衛星の実運用を経験したほか、観測衛星の威力を知る。その後、クラウド会計ソフトの Freee 株式会社で、FinTech セキュリティや金融庁との調整、セキュリティ基盤の PM などを担当。データに基づくビジネス意思決定と観測衛星コンステレーションのさらなる可能性のためには、インフラプラットフォームが必要だと確信し、2020 年 2 月、スカイゲートテクノロジズ株式会社を設立。人工衛星からのデータを高速に受信できる「クラウド地上局プラットフォーム『Skygate』」の 2021 年サービス開始に向け、日本国内に国内初となる完全クラウド型の人工衛星向け地球局を開設するべく準備を進めている。

稲川 貴大
インターステラテクノロジズ株式会社 代表取締役社長

岡島 礼奈
株式会社ALE 代表取締役社長/CEO


勝山 杜都
株式会社ASTROFLASH 代表取締役CEO
1997年大阪府生まれ。幼少期から宇宙開発に興味を持ち、大学進学前からスペースバルーン(成層圏気球観測)等のプロジェクトを主宰し、成功させる。東京大学進学後は中須賀船瀬研究室に所属し、衛星開発や超小型人工衛星によるフォーメーションフライトについての研究を行う。超小型人工衛星技術を用いた新たな宇宙利用でより多くの人が宇宙を身近に感じられる未来の実現を目指し、2019年に株式会社ASTROFLASHを共同創業。



川﨑 吾一
株式会社Yspace 代表取締役CEO
月から打上げる超小型ロケットの開発と月面データを用いた宇宙VR事業を展開する株式会社Yspaceの代表取締役CEO。東京理科大学入学後、月面探査プロジェクト「HAKUTO」に出会い、月面探査ローバー開発に参加。大学時はJAXAにて火星探査飛行機の空力設計・最適化設計の研究を行う。その後、VRを用いた火星都市設計コンペで優勝を機に起業。現在はVRに加え月からの打ち上げる超小型ロケットの開発とそれを用いた輸送システムの確立とペイロード輸送、そしてサンプルリターンを目指す。



久米村 隼人
株式会社DATAFLUCT 代表取締役
1980年生まれ。2007年にベネッセコーポレーションに入社後、CRMやダイレクトマーケティングに従事。その後、マクロミル・リクルートマーケティングパートナーズ・日本経済新聞社など複数の企業にて、広告・ヘルスケア・データサイエンスなどの域で15サービス以上の新規事業を創出。2018年8月、 データサイエンスと人間中心設計を軸に新規事業の立上支援を行う「株式会社FACTORIUM」を創業。2019年1月、データとサイエンスの⼒で社会課題を解決することをミッションに「株式会社DATAFLUCT」を設立。同年、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の知的財産や知見を利用して事業を行うJAXAベンチャーに認定。現在、幅広い業界に向けてデータ活用支援・新規事業創出を行う。これまでローンチした新規事業は30を超える。 大阪府立大学大学院工学研究科修了(数理工学専攻)、早稲田大学大学院商学研究科(夜間主MBA)修了。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の招聘職員。



櫻庭 康人
株式会社天地人 代表取締役(Co-founder/CEO)
多様な人的ネットワークと、多数のスタートアップの設立・事業拡大を通じて身につけた豊富な新規事業開発の経験を活かし、株式会社天地人の代表取締役を務める。農業IoTセンサーの開発経験もあり、ハードウェアからソフトウェアまでその知識は幅広く、天地人サービスをビジネス視点でデザインする。



高橋 鷹山
株式会社OUTSENSE 代表取締役
大学院時代に、大型構造物の研究をするためにJAXA特別利用共同研究員としてJAXA研究室に所属するも、研究と実現性の乖離を感じ大学院退学と同時に退席。以後、人類が宇宙で活動できる拠点の構築を目指し、社会実装の手段として事業化を検討しつつ、ispaceインターンとして民間宇宙開発に従事。2018年8月より、株式会社OUTSENSEの代表として、折り紙をコア技術とした宇宙施設の構築に向けた研究開発を推進している。



田中 克明
株式会社amulapo 代表取締役
茨城県取手市出身のロボットの専門家。早稲田大学にて博士(工学)を取得。2020年3月に(株)amulapoを創業し、代表取締役としてxR、ロボット、AI等のICT技術を用いた宇宙コンテンツの開発に従事。宇宙をはじめとした科学技術の発展に向けて、科学技術の発信、社会実装や人材育成のための仕組みづくりに取り組む。同時に、宇宙開発を進める民間企業のエンジニアや経済産業省の官民若手イノベーション論から派生した一般社団法人ELPIS NEXTの理事を務め、次世代の産業育成を幅広い立場から実践。その他、早稲田大学理工学術院総合研究所招聘研究員、日本かくれんぼ協会研究員、TECHNO-FRONTIER 航空・宇宙分野委員等を兼任。元(同)Yspace共同創業/共同代表、元日本学術振興会特別研究員。文科省の博士課程教育リーディングプログラム、WASEDA-EDGE人材育成プログラム、イタリアのBiorobotics InstitueにてsubCULTron(国際プロジェクト)、月面探査レース(HAKUTO)などを経験。これまでにない新しい方法にて宇宙開発に挑む。



常間地 悟
株式会社ワープスペース 取締役兼CEO
2019年1月、現職就任。筑波大学在学中(20歳)に最初の起業。これまでに4社の立ち上げに携わる。(うち1社ベトナム)。 主にITスタートアップ等の創業メンバー/役員として経営戦略、ブランディング、法務、財務等を主に担当してきた。 ワープスペースとしては、2016年11月~2018年12月まで社外取締役。起業家育成活動にも参画。 法学修士(国際投資法、国際仲裁)



坪井 俊輔
SAgri株式会社 Founder & Global CEO
横浜国立大学理工学部に入学後、大学在学中の2016年6月に株式会社うちゅうを設立。民間初、宇宙教育を起点とした教育事業の開発・運営に関わると共に、農業分野にテクノロジーをもって世界の食料問題を解決すべく、人工衛星の観測データを基に農地管理や収穫予測を行う農地管理アプリ「SAgri(サグリ)」を開発。SAgri株式会社を設立し、代表取締役に就任。MakersUniversity 1期生、DMMアカデミー1期生であり、TSG2016セミファイナリスト、経済産業省飛躍NextEnterprise 最年少採択として選ばれる。また、日本アントレプレナー大賞を受賞。世界経済フォーラム(ダボス会議)が組織する Global ShapersCommunityの横浜ハブに所属する Global Shaper であり、Get in the RingOsaka ,Singularity 2019 GIC共に優勝。


中村 友哉
株式会社アクセルスペース 代表取締役CEO


袴田 武史
株式会社ispace ファウンダー&代表取締役



羽生 雄毅
インテグリカルチャー株式会社 代表取締役
2010年、オックスフォード大学博士(化学)、東北大学多元物質科学研究所、東芝研究開発センター、システム技術ラボラトリーを経て、2014年、細胞農業の有志団体"Shojinmeat Project"を立ち上げ、2015年にインテグリカルチャー(株)を設立、2018年に3億円のシード資金調達。インテグリカルチャー(株)では細胞農業の大規模化と産業化、Shojinmeat Projectでは大衆化と多様化に取り組んでいる。


深堀 昂

avatarin株式会社 代表取締役CEO


佐藤 将史
一般社団法人SPACETIDE 理事 兼 COO


--- <19:05~19:20> Closing- Resolution ---
佐藤 将史
一般社団法人SPACETIDE 理事 兼 COO

--- <19:20~19:45> Casual Networking ---


Day2 ~IGNITION~


12/9(水)
--- <20:00~20:05> Opening - Reflection ---

佐藤 将史
一般社団法人SPACETIDE 理事 兼 COO

--- <20:05~20:20> SPACETIDE Sponsor Progress ---

田中 勇
京セラ株式会社 研究開発本部研究企画部研究企画2課 責任者
光物性物理学分野にて博士号(工学)を取得後、京セラに入社。鹿児島の総合研究所にて、ナノ材料合成技術をコアとした先進セラミック材料開発に従事し、機械工具と薄膜太陽電池の研究開発を担当してきた。2014年より現在所属する研究企画部へ移動し、コーポレートの新規事業テーマ探索に従事。2018年より宇宙ビジネス探索を開始し、SPACETIDEへ参画。2019年よりAXELSPACE社との協業検討を進めている。座右の銘は「為せば成る、為さねば成らぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり」。今期は、巨大な宇宙市場に一歩踏み出す年で、我々が何かを為すことで、新しい社会、新しい事業を創っていきたい。



平田 大輔
スカパーJSAT株式会社 宇宙事業部門スペースインテリジェンス事業部第2チーム長兼デブリ除去PJ

1997年スカパーJSAT(現社名)入社。静止通信衛星のフライトディレクタや衛星運用準備プロジェクトマネージャなど20年に渡る衛星運用経験を経て新規事業開発に携わる。
宇宙データを活用した情報サービスプラットフォームSpatio-i(スペイシオ・アイ)を立ち上げる傍ら、2019年社内スタートアップ公募に有志と共にスペースデブリ除去事業を提案。2020年春から理化学研究所内に研究開発チームを設立し、非接触によるスペースデブリ除去要素技術開発にも従事。慶應義塾大学大学院修了。理化学研究所客員研究員。



酒井 基至
さくらインターネット株式会社 事業開発本部 クロスデータ事業部 ビジネス開発グループ セールスユニット

大学卒業後、システム会社や電気通信事業者にて、システムエンジニア・営業・テクニカルセールス業務を経て、2013年にさくらインターネットへ入社。
営業職として活動する傍ら、「プライベートリンクforアルテリア」「さくらのレンタルサーバ リセールプラン」などの新サービスの企画にも従事。
2018年4月より現職。経済産業省からの委託事業として、衛星データプラットフォーム「Tellus」のビジネス開発およびセールスを担当し、宇宙産業全体の市場規模拡大を目指す。


--- <20:20~20:30> Closing - Message from SPACETIDE ---

石田 真康

一般社団法人SPACETIDE 代表理事 兼 CEO

--- <20:30~22:00> Space NIGHT - IGNITION ---
Zoomのブレイクアウトルームを使ったオンラインネットワーキング「Space NIGHT - IGNITION」には、一部登壇企業の皆さんがゲスト参加いたします。

<ゲスト参加が確定している方>

稲川 貴大
インターステラテクノロジズ株式会社 代表取締役社長

岡島 礼奈
株式会社ALE 代表取締役社長/CEO

中村 友哉
株式会社アクセルスペース 代表取締役CEO

宮下 直己
株式会社アクセルスペース 取締役・CTO


■Navigator
COUNTDOWN 佐藤 由紀(一般社団法人SPACETIDE)
Day1 田中 沙季(一般社団法人SPACETIDE)
Day2 宮川 歩(一般社団法人SPACETIDE)

**** 注意事項 ****

Day1にご参加される方への注意事項
厚生労働省のガイドライン及び会場の利用規約に基づき、イベントを実施いたします。座席は間隔を開けてのご案内になります。厚生労働省及び行政機関また各自治体から開催自粛要請があった場合は、イベントを延期もしくは中止する場合がございます。また、開催自粛要請がない場合でも感染拡大状況を総合的に判断し、イベントを延期または中止、もしくは開催内容を変更する場合がございます。

Day1にご参加される方へのお願い事項

  • イベント当日は、37.5度未満であることをご確認のうえ、マスクを付けてご来場ください。マスクを着用していない方のご入場はお断りさせていただきます。イベント中、退場時もマスクの着用をお願いいたします。
  • 入場時に検温を行いますのでご協力お願いいたします。37.5℃以上の発熱がある方の入場はお断りさせていただきます。※チケットの払い戻しは行いません。
  • 入場時、退場時には手指用のアルコール消毒をお願いさせていただきます。
  • 感染防止のための行動制限があることをご理解ください。
  • 来場者同士での物品の貸し借りはお控えください。
  • 会場内で感染症発生の可能性があった場合や地方自治体や保健所から開示要請があった場合、接触者特定の目的として指定機関へ情報提供をさせていただく可能性があります。また、参加した皆様にも聞き取りなどの調査にご協力いただく場合がございます。
  • 咳エチケットへのご協力、こまめな手洗い、手指消毒の徹底をお願いします。
  • 次の症状がある方は、来場をお控えください。
    □ 37.5度以上の発熱がある方、または発熱が続いている方
    □ 風邪の症状(発熱・咳・くしゃみ・喉の痛みなど)がある方
    □ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
    □ 新型コロナウイルス陽性判定を受けている方、現在医師に自宅待機指示を受けている方
    □ 身近に新型コロナウイルス感染症の患者や濃厚接触者がいる方
    □ 政府が入国制限措置を設けている国・地域から日本へ入国後、14日間経過していない方
    □ その他、体調に不安がある方


チケットに関する注意事項
チケットお申し込み後のキャンセル・払い戻しについては、お受けできません。ご了承の上でのお申し込みをお願いいたします。


**** 本イベントに関するお問い合わせ先 ****

一般社団法人SPACETIDE SPACETIDE運営事務局
Email: info@spacetide.org


「SPACETIDE 2020 YEAR-END」WEBサイト
https://spacetide2020ye.webflow.io/

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#849339 2020-12-04 10:33:32
More updates
Dec 4 - Dec 9, 2020
[ Fri ] - [ Wed ]
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
COUNTDOWN(動画配信) SOLD OUT ¥1,000
Day1(オフライン)+COUNTDOWN(動画配信) ※限定40名 SOLD OUT ¥10,000
Day2(オンライン)+COUNTDOWN(動画配信) ※限定60名、ギフト付きは11/20申込締切 SOLD OUT ¥4,000
Day2(オンライン)+COUNTDOWN(動画配信) ※限定60名 SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
中央区日本橋室町3丁目2−番1号 COREDO室町テラス 3階 Japan
Organizer
一般社団法人SPACETIDE
900 Followers

[PR] Recommended information